前へ
次へ

虫歯の治療で神経を抜くとは何か

虫歯になって歯医者に行ったときに医師から言われることがあるのが、これは神経を抜かないとですねという言葉です。
神経を抜くとは歯科の用語で言えば抜髄と言われる治療方法で、歯に通っている神経を殺して使えなくしてしまう方法として知られています。
神経が通っていることにより歯は生きた状態になっていて、痛みなどを感じ取れるようにしつつ、神経活動により歯の状態を保てるようにしています。
神経を抜いてしまうと歯は死んだ状態になり、もう痛みを感じることはなくなるのです。
しかし、歯の状態を維持できなくなってしまうため、そのまま自分の歯を使い続けることはできなくなります。
割れてしまう前にきれいに周囲を削り取り、クラウンという形で義歯を被せることで歯として機能するように仕上げるのが一般的な治療方法です。
虫歯が進行して神経にまで達してしまっていたときにはこのような治療が必要になってしまうので、その前に治療を始められるようにしましょう。

Page Top