前へ
次へ

歯垢を残さないようにして虫歯対策をしよう

虫歯対策をするには歯垢を残さないようにするのが最も大切なことです。
歯垢は食べ物のカスが集まったものではなく、それに加えて虫歯の原因になる細菌がたくさん含まれています。
細菌にとって栄養となる食べ物のカスが一緒になっているものなので、歯垢の周辺では虫歯が進行しやすいのは明らかでしょう。
歯垢を取り除くためには丁寧に歯磨きをすれば良いと考えるのが一般的ですが、実は歯磨きだけでは歯垢がかなり残ってしまいます。
歯ブラシでは届かないところに歯垢がたまってしまって虫歯になるケースは多いので注意しましょう。
歯ブラシが届かないのは歯と歯の間の部分で、別の道具を使って除去するのが合理的なやり方です。
歯間ブラシやデンタルフロスなどを使うと簡単に歯と歯の間も磨くことができます。
小さいサイズの歯間ブラシやワックス付きで滑りが良くなっているデンタルフロスから使い始めてみて、自分の歯に合っているものを探していきましょう。

Page Top