前へ
次へ

虫歯治療における保険治療とは

虫歯になってしまったときには歯科医院に行くと保険適用の範囲内で治療をしてもらうことができます。
歯がないと食生活に困ることになるため、最低限の治療に関しては保険治療が可能なのです。
基本的には保険治療の場合には銀歯を使うことになります。
金属製で丈夫なのが特徴で、素材自体も安価なので最低限の治療として認められているのです。
ただ、前歯に関しては見た目がかなり悪くなってしまうという問題があり、白色に近い色の樹脂を使用できるようになっています。
金属製に比べると樹脂製の場合には耐久性が低く、一生使えるわけではない場合も少なくありません。
ただ、ものを噛み切るのに必要な強度は持っているので当面は安心して使えるでしょう。
奥歯の治療では金属製のものしか使えませんが、金属はもともと歯との親和性が高くないので虫歯になった歯を大きく削って接着剤で貼り付ける形になります。
目立ってしまわないかどうかをよく確認してから数ってもらうようにしましょう。

Page Top