前へ
次へ

虫歯の治療は早めにスタートしよう

もしかしたら虫歯かもしれないと気づいたときにもまだすごく痛いわけではないから良いだろうと放置してしまう人もいます。
いよいよ痛くて我慢できなくなってから歯医者に行って治療を受けるというケースは実は多いものの、長期の治療が必要になってしまう原因になるので注意が必要です。
虫歯は放置していると進行してしまい、奥深くまで歯を溶かされてしまいます。
病巣が広くなるほど歯を削らなければならなくなり、さらに奥深く入ってしまって神経が傷ついてしまっていると抜髄をする必要が生じるのです。
抜髄をしてしまうと歯は死んでしまうので、基本的には義歯をつける形での治療になります。
大切な歯を失ってしまわないようにするためにはできるだけ早く治療を始めて、病巣周囲を軽く整形するように削って埋めるだけで済むようにできるのが理想的です。
ものが歯に挟まりやすくなった程度で痛みがなくても虫歯のことがあるので、違和感を覚えたら歯医者に行くようにしましょう。

Page Top