前へ
次へ

歯が痛い、痛い理由は、虫歯菌によるもの

歯が痛くなる理由の多くは、口の中の虫歯菌が増殖し、歯を溶かして、神経まで悪化させているためです。
私達の口の中は、様々な菌が存在し、虫歯の多くは、ミュータンス菌と呼ばれる金が原因です。
このミュータンス菌は、歯に対して付着力が強く、ミュータンス菌同士が固まる事でプラークと呼ばれる歯垢を形成します。
ミュータンス菌は、糖質を酸に変える働きもあるのです。
つまり、歯垢がある場所は、虫歯になりやすく、歯を失ってしまう可能性があります。
歯垢や歯石までの状態まで進んでしまうと、歯ブラシだけでは簡単に落とせません。
歯医者に足を運び、しっかりと削り取ってもらうのもお勧めです。
毎日の歯のケアも大切であり、食事の後の歯磨きも癖として身につけておくのもポイントです。
唾液には、歯を修復させる力があります。
そのための成分は、カルシウムも必要であり、カルシュウムが取れる食事を心がけるのも大切でしょう。
フッ素も歯の修復に効果があり、虫歯の予防のためにフッ素入りの歯磨き粉を選ぶのもポイントです。

Page Top