前へ
次へ

歯石対策をして虫歯を予防しよう

虫歯になってしまう原因として口腔内に歯石が挙げられます。
歯の表面や歯と歯の間、歯と歯茎の間などに硬くて小さな石のようなものが張り付いているようであればそれが歯石です。
歯石とは一体何なのかと疑問に思う人もいるでしょう。
平たく言ってしまえば虫歯菌とミネラル類が固まったもので、カルシウムやリン酸などの歯と親和性が高い物質が多く含まれている影響で歯から剥がれ落ちにくくなっています。
歯石の中には生きている細菌がたくさんいるので、栄養さえ供給されていればどんどん歯を侵食していってしまいます。
そのため、歯石ができたらすぐに除去するのが虫歯予防には欠かせないことなのです。
ただ、歯磨きをするだけでは歯石は取ることができません。
しっかりと貼り付いてしまっているので削り取るようにして除去しなければならないのです。
ただ、歯を傷つけてしまうと元も子もないのは明らかでしょう。
歯石を除去するときには歯医者に任せるのが安全策なのです。

Page Top