前へ
次へ

虫歯の治療は歯の保存を考えよう

虫歯の治療をするときには歯を削ってしまうのが普通です。
細菌によって侵食されてしまっている部分は削り取らないと完全に細菌を除去するのが難しいことに加え、詰め物をするにも表面の形が整っていないと困難だからです。
ただ、削る量はできるだけ少なくて済むようにして歯を保存するのは重要でしょう。
大切な歯を失ってしまわないためにも保存的な治療を選ぶように心がけるのが賢明です。
まだ虫歯がそれほど進行していない場合には、本当に侵食されてしまっている表面部分だけを削って埋めてしまう治療法もあります。
金属製の詰め物の場合には小さいと外れやすいのでかなり広く削らなければならないものの、親和性が高い樹脂を使うとほんの小さな穴であってもきれいに埋めることが可能です。
ただ、このような樹脂を使ってあまり削らない治療方法は保険適用外になってしまっています。
全額自費負担で受けなければならない治療なので費用面も考慮して決断しましょう。

Page Top